漫画の顔の向き

漫画イラストを書き始めると、まずは、人物の顔を上手に書けるように練習するのではないでしょうか。

 

漫画の描き方入門などを参考に、女の子、男の子、お母さん、お父さん、おばあさん…と輪郭、髪型、目鼻の位置やシワなどを変化させることで、老若男女、様々な表情をかき分けていくことができるようになります。

 

プロレベルうんぬんはさておき、一応、ここまでは、ちょっと練習すればかき分ける程度のことはできるようになります。

 

で、顔のかき分けで一気にレベルが上がるのが、逆向きの顔を書くという作業なのです。大抵の人は、右向きの顔を書くのが得意で、左向きは苦手なはずです。

 

おそらく、右利きの人は、右から左へのラインが書きやすいことから、右向きの顔の方が上手に書けるのでしょう。

 

書き慣れた女の子の顔も、左向きバージョンを書こうとした途端、ど下手なものしか書けなくて愕然としてしまいます。

 

実は、プロと呼ばれる漫画家さんも、この左向きの顔が苦手という人は大勢いるようです。

 

趣味で漫画を書いている同人誌レベルの方々の中には、登場人物が全て右向きの顔で押し切るなんてツワモノもいるようですが(笑)

 

プロの漫画家さんも、左向きの顔を必死に練習したことがあるなんてエピソードはよくあります。

 

中には、未だに苦手で、右向きの顔をかいて反転トレースしてしのいでいるなんて話も…。